Coleman PEAK1 MODEL 576
長年愛用している、白ガスのシングルストーブ。
高校1年の夏前、東宝撮影所の隣にあった、”東宝大工センター”で購入。
今で言えば、ホームセンター。

でも、当時のColemanの最新機種では無かった。
あの頃の最新機種は茶色の3本足のPEAK1だった。
これは、旧機種のデッドストック物。
だから、かなり安く買うことができた記憶がある。。。

しかし、旧機種ということは、だいぶ後になってわかったこと。

Colemanとは書いてあるが、カナダ製で色も緑。。。
当時は、偽物じゃね~! とか、安売り用だよ! とか、言われた。

使いはじめのころは、点火方法など知る由もなく、何度も火達磨になった!
その度に、やっぱ偽物 とか 不良品じゃね~! とか言われた。

それでも、固形アルコール燃料のコンロしか持っていなかった自分にとっては、宝物だった。
キャンプに持っていけば、威力は桁違いだった。

そんな シングルストーブ (当時はシングルバナーと言っていた) だが、現在も現役バリバリ。
d0188976_1520912.jpg

かなりの優れ物で、メンテをしてれば故障知らず。
ジェネレーターも一度も交換してない。でも、まったく問題ない。
なにより、火力調整が簡単に出来る所が、最大の長所だと思う。

この、火力調整、Colemanツーレバータイプなら、どれでも出来るが、
後継機種の 400 (茶ピーク)や 508 などより、
この576 (505も同じ) のほうが超弱火が得意な気がする。(502も微調整が出来る)

実際に400、400A、508 などと使い比べてみると、よくわかる。
新しくなるほど、超弱火が難しくなるようだ。

実は、ジェネレーターが少し違うからだろう。
400 なども、当時のジェネレーターより、現在販売しているスペアのほうが、さらに調子悪い。
だんだん、造りが悪くなってきてるのだろう。

現在は、残念ながら、ツーレバーのシングルストーブは販売されていない。。。

d0188976_15404443.jpg
全開。炎が赤く見えるが、写真が下手くそでから。実際はちゃんと青い炎。

d0188976_15424645.jpg
全閉の一歩手前。これよりさらに弱火に出来る。

Colemanのツーレバーは、色々所有しているが、結局、こいつの出番が一番多い。
キャンプでご飯炊く時や、出先でお湯を沸かす時など、必ず出番が来る。

買った当時は、やっぱり茶色のPEAK1にすればよかったな~ と思っていたが、
今となっては、こっちのほうが、断然良かったと、思っている。
こいつのジェネレーターは、大事に使わなくっちゃ!!
[PR]
by a-taipe | 2012-10-23 16:01 | 自然 | Comments(0)
<< 南伊豆 手石港 大尻沼 >>