試し振り
先日仕上がったテストロッドの試し振りをしてみた。
とりあえず、DT-F #4 が巻いてある フェザーウェイトを持って。。。

2ティップあり、#3ラインもと思ったが、
まーいいか!
と、いい加減。

早速、歩いて1分の浅川について、
竿を継ぎ、ラインを通し、リーダーを結び。。。

おっと、ヤーンを忘れた。。
まいいか、とりあえず適当に。。。

と、足元の枯草を結び、キャスト開始。
d0188976_17483883.jpg
先ずは、自分で削ったティップのほう。
向かい風の中、うまいことラインが伸びていく。
15mくらいは、楽勝である。
どちらかというと、パラボリックなアクションで、ゆったり投げると、気持ち良い。

次は、もう1本のほう。
これは、実は自分で削ったものではない。
なぜか、あったので接着して仕上げたもの。
少し細身で、アクションは先調子になる。
#3ぐらいが、ちょうど良いかな?と思うところだったが、
振ってみると、なかなかどうして、#4でも使えた。
さすがに、ロングは厳しいが、結構いける。。。

と、いうことで、
結局、何が解ったかというと、

なんでもいいんじゃん!

ということか??(笑)
[PR]
by a-taipe | 2014-01-29 18:02 | フライフィッシング | Comments(3)
Commented by kurirod at 2014-01-30 13:08 x
あのね、そのくらいの長さと番手だと、わりとどーにでもなっちゃうようなところ、あるヨ。高番手の長い竿はそうはいかないけど。

パラボリックな竿、イイでしょ! キャスティングが楽しいよね。
Commented by kurirod at 2014-01-30 13:12 x
追伸
昨日接着したやつ、これからディメンションのチェックだけど、思い通りにいってるみたいでワクワクしてる。借り組みしたら振ってみる?
Commented by a-taipe at 2014-01-30 20:17
そうですよね。。。
カーボンやグラスでも、#2~4あたりって
はばがありますもんね~ キャスター次第っていうか。。。
時間作って、振りに行きたいです。。。
<< 2本のロッド。。。2 2本のロッド。。。 >>