懐かしの 第2弾 スポーツトラック
思い入れがある自動車を作ってみた、第2弾。

愛称、スポーツトラック。
これで車種がわかる人は、かなりの好き者か、ジジーである。

小さな車体。
排気量は360cc足らず。
しかし、DOHC 4気筒のエンジン。
ベンチシート、右側に付いているコラムシフトレバー。
フロントには、大きくロゴがある。
昔むかーしの軽トラック。

ある日、富士宮の行き付けの解体屋に、それはあった。
「おー見つけた!! おっちゃん、これ売ってくれ!!」
すかさず、叫ぶと、
「いいよ。。。動かないけど、これは貴重だから、100万ね。。。」

嘘だろ!? ふざけるな! その値段は法外だろ!
だいたい、ボロボロだし 不動車だし。。。
しかし、交渉の余地は無かった。 おやじは、一切話を聞かない。
まー、売るつもりは無かったのだろう。
そもそも、ハタチそこそこの学生コゾーに、金などあるわけない。




がっかりして、とても悲しかったのを、ハッキリ覚えている。
もう、28年前のことである。

今でも、チャンスがあれば!。。。
しかし、あれから、一度も見たことない。
d0188976_20572374.jpg
今回は、フロータントを積んだ。
この車で、のんびりドライの釣りなんて、いいな~。
誰か、この車、売ってくれる人いないかな~。


HONDA T360
ホンダ初の、市販四輪である。

追伸
フェンダーミラーとワイパーが気に入らないので
作り直してしてみた。
キットの部品の精度は低い。。。
1/32だから仕方ないか。。。
d0188976_22142427.jpg

by a-taipe | 2016-04-17 21:01 | プラモデル | Comments(2)
Commented by kurirod at 2016-04-18 17:15
こいつが街を走り始めた頃、「ホンダ」ってカッコイイなあ・・・と子供心に思った。それまでは三輪車が主流だったからね。
Commented by a-taipe at 2016-04-19 18:49
こいつが街を走り始めた頃、僕は生まれていなかった・・・
<< C65 エンジン分解 懐かしのオート三輪 >>