釣りとプラモデル

釣り や プラモデル作りは、小学生の時から大好きな遊び。
虫取りやメンコ、ベーゴマなど他の遊びも熱中したけど、釣りとプラモが大好きだった。
それは、今でも続いている。 

1番は釣り。小学年のころから(40年くらい前)学校が終わると、すぐに釣りに行く。
近所に海は無く、もっぱら多摩川でクチボソやフナ 鯉釣りの真似事を
友達と真剣にやっていた。周りには世代を問わず、たくさんの釣り人がいて
日曜などは場所が無いほどのこともあった。
さて、現在はどうだろう。
当時より確実に水はきれいだし、魚もたくさんいる。
でも、釣り少年たちはほとんど居ない。(おっさんや、じい様はたまにいる)
まして、釣具屋で少年たちを見かけたことすらない。

冬になると、2番目に好きなプラモデルの季節だ。
ヨコチンはみ出しそうな半ズボン少年たちには、川は寒むかった。
友達とおもちゃ屋に行き、物色。300円くらいで遊べた。
ガンダムのプラモは争奪戦。整理券もらいに行ったり・・・忙しかった。
お年玉で、戦車なんか買ったときには、天に昇る気分。
おもちゃ屋には、行けば常に小中学生が沢山いた。
さて、現在はどうだろう。
あんなに居た模型少年たちは皆無。

時代である。
今は、カードやゲーム、スマホ・・・
仕方がないのである。
少年たちは、より楽しい、面白い流行りに釣られていく。

昭和30~40年ころに少年だった世代は、貸本屋や紙芝居、サーカス小屋など懐かしと思うが
40年後半から50年前半の僕らは、それを知らない。
需要がなくなり、消えていった文化。

ふと、考えた。
釣りも、プラモも、盛んに遊んでるのは当時少年だった大人ばかり。
未来を受け継ぐ少年たちはほとんど居ない。
お先真っ暗な状況なのかもしれない。
何処へ行っても、若い人がいないと、ぼやく声が聞こえる。

確かに、大人になってからでも遊べる趣味だけど、
近い将来、淘汰され、縮小してしてしまうのかもしれない。

釣り具業界は必死である。釣り人口はここ10年足らずで半分以下に落ち込んでいるそうで・・・
釣りガールとか、シニアへの釣り紹介番組など、釣り人口確保に躍起になている。
子供は当てにできない時代なのだ。
これは、釣り業界に限らず、あらゆる業界に共通する少子高齢者化社会の弊害だろう。
数十年先の未来になんの期待も持てないのだ。
特に、釣りなどの遊びの世界は深刻だろう。
確実に需要が減るのである。
今更なのだが。

最近、先のことを考えると、不安になる。
仕事や養育費や・・・
どうにかなるさ! では、どうにも・・・
歳をとったのかな?
d0188976_04124564.jpg


[PR]
by a-taipe | 2018-02-13 04:18 | その他の釣り | Comments(0)
<< 今年の解禁は... ホワイトコーチな面々 >>